百段階段の秋の文化財見学「五感で体感する 文化財で四季のお花見」(展覧会みどころ紹介)

投稿:M3PRESS編集部

日本美のミュージアムホテル、ホテル雅叙園東京(目黒)の館内にある 東京都指定有形文化財「百段階段」。10月からは秋の文化財見学「五感で体感する 文化財で四季のお花見」が開催されます。会期は2021年10月2日(土)から11月23日(火・祝)まで。

スポンサーリンク

「花」をテーマに7つの部屋に描かれた四季の花々を紹介

漁樵の間 紅葉

今回の企画展では、百段階段の「花」をテーマに7つの部屋に描かれた四季の花々が紹介されます。百段階段の中には、桜や紅葉をはじめ、朝顔、牡丹、チューリップ、椿など50種類を超える春夏秋冬の花々の絵が描かれています。表現方法も日本画や彩色木彫、螺鈿など実にさまざまで、まさに百花繚乱の世界。時間や場所を超え、本来は異なる季節に咲く花々の日本画が一堂に介した空間です。126枚もの日本画に描かれた四季の花の絵に囲まれながら、まるで日本各地の花の名所へ季節のお花見に出かけているかのような気分を感じられる企画展となるということです。

星光の間 四季の折々の実り

昭和初期を代表する芸術家たちによる花々が一挙に開花する、文化財の四季のお花見をお愉しみください。

(プレスリリース)
blank
草丘の間 林檎の花

五感で愉しめる関連展示にも注目

また、「五感で体感」のコンセプトの下、花をモチーフとした江戸~昭和初期の艶やかな着物や装身具、薔薇のインスタレーションによる体験型フォトスポット、味覚や香りで愉しめる花のお茶・お菓子など、五感で愉しめる関連展示なども登場します。

スポンサーリンク

展示品紹介(一部抜粋)

《装身具・化粧道具/澤乃井櫛かんざし美術館所蔵》

blank
一越壁織地桜に登竜門文様打掛

蒔絵や螺鈿(らでん)、鼈甲(べっこう)などこだわりの材質で華やかに美しく女性の装いを彩ってきた、江戸~昭和初期の花モチーフの着物や装身具、化粧道具など、約60点が展示されます。櫛やかんざし、笄(こうがい)といった装飾工芸の中にも精微な手わざによって表された四季の花々を見ることができます。

blank
金銀珊瑚びらびら簪
blank
山桜図蒔絵櫛・笄 宗永(印)

《小町紅/伊勢半本店》

紅花の花びらを使用し江戸時代から受け継がれてきた製法で仕上げられた伝統的な口紅。玉虫色に輝く紅は水を含ませた筆で溶くと鮮やかな赤へと変化します。花から生まれ、人生の大切な節目の日に彩りを添えてきた紅の世界が紹介されます。

blank
小町紅/伊勢半本店 ©Ryoichi Toyama

《香飾り・花扇/山田松香木店》

七夕の節句に近衛家より宮中に献上した、七種の花々と蓮、芒で作った花扇を模した節句飾りや、寿ぎの花々の刺繍を施した香袋など「香りと花」のしつらいを体感いただけます。

blank
香飾り・花扇/山田松香木店

薔薇インスタレーションのフォトスポット

「星光の間」には高さ2.1メートルの薔薇のインスタレーションが登場。照明変化に合わせ花びらが開花する体験型アートにぜひご参加を!

blank
制作:(有)エンドレスファクトリー ※イメージ

草丘の間でお茶のひとときはいかが?「花菓寮」がオープン

四季の花鳥画が描かれた「草丘の間」では花のお茶とお菓子を愉しめる「花菓寮」がオープン。366日それぞれにその日を祝うシンボル=「花個紋」と、メッセージが記された花結びメッセージカードが付いた期間限定企画で、366種類の中から誕生日や記念日のカードを選べます。(1名様1,000円)

スポンサーリンク

秋の文化財見学「五感で体感する 文化財で四季のお花見」の開催概要

  • 開催期間:2021年10月2日(土)- 11月23日(火・祝) 会期中無休
  • 開催時間:12:30-18:00(最終入館17:30)
  • 会場:ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」
  • 料金:当日券1,000円、学生500円(要学生証呈示)、未就学児無料
  • 販売窓口:
    • ホテル雅叙園東京[一般入場券]
    • 公式オンラインチケット[一般入場券、グッズ付チケット、日時指定入場券]
  • 主催  :ホテル雅叙園東京
  • 照明協力:(有)エンドレスファクトリー
  • お問合せ:03-5434-3140(イベント企画10:00 – 18:00)

公式サイトの展覧会ページ

「百段階段」秋の文化財公開 五感で体感する 文化財で四季のお花見 | ホテル雅叙園東京

開催期間:2021年10月2日(土)~11月23日(火・祝) 126枚の日本画に…
www.hotelgajoen-tokyo.com

東京都指定有形文化財「百段階段」

「百段階段」とは通称で、ホテル雅叙園東京の前身である目黒雅叙園3号館にあたり、1935(昭和10)年に建てられた当館で現存する唯一の木造建築です。 食事を楽しみ、晴れやかな宴が行われた7部屋を、99段の長い階段廊下が繋いでいます。 階段は厚さ約5cmのケヤキ板を使用。 階段で結ばれた各部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には、当時屈指の著名な画家達が創り上げた美の世界が描かれています。

リソース

  • 取材ご協力:ホテル雅叙園東京さま、同プレスリリース