『巨大映像で迫る五大絵師』がスゴイ! 行ってわかった巨大映像を愉しむコツ

投稿:M3PRESS編集部

スポンサーリンク

デジタルアート展『巨大映像で迫る五大絵師』 −北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−

編集部撮影

展覧会『巨大映像で迫る五大絵師』 −北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界− が2021年7月16日(金)開幕しました。会期は9月9日(木)までの全56日間、会場は大手町三井ホール。本展は昨年、コロナ禍の影響によりいったん開催中止となりましたが、今回、新たに伊藤若冲の作品も加わり、さらに内容を充実して満を持しての開催。編集部では開幕に先だって行われたプレス向け内覧会を先行取材、圧巻の会場をレポートとするとともに、本展の見所を画像とともにご紹介します。

編集部撮影

会場写真:巨大すぎる日本美術の最高傑作たちが迫りくる!

本展では、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」と歌川広重の「東海道五拾三次」、俵屋宗達と尾形光琳が描いた2つの「風神雷神図屏風」の競演、伊藤若冲の代表作「仙人掌群鶏図」など、日本美術の最高傑作を公開。デジタル技術と映像演出、そして巨大スクリーンによる大スペクタクルが展開されます。

3面ワイド45m巨大スクリーン映像から迫りくる日本美術の名作たち

メイン会場は、3面ワイド45mスクリーンによる圧巻の巨大映像空間。先進デジタル技術と高輝度4Kプロジェクター複数台を駆使した映像と、音楽のコラボレーションによる大スペクタクルは圧巻の体験。

編集部撮影

「ともかく、巨大」のキャッチフレーズ通り!ぜひ会場で体験して欲しいと思います!

《国宝 風神雷神図屏風》

編集部撮影

《冨嶽三十六景 山下白雨》

編集部撮影

《源氏物語図屏風》

《平家物語図屏風》

編集部撮影

《重要文化財 仙人掌群鶏図》

編集部撮影
編集部撮影

《東海道五十三次 日本橋 朝之景》

編集部撮影
スポンサーリンク

行ってわかった巨大映像を愉しむコツ

3面ワイド45mスクリーンによる巨大映像の迫力は筆舌に尽くしがたいものがあり、これだけ写真を掲載してなお、会場での迫力は表現できていないと思っています。45mといえば水泳のプールクラスの長さとなりますので、映画館同様にあまり前の方に行き過ぎると没入感と引き換えに首が痛くなるかも知れません。というか編集長は首を左右に振りすぎて目が回りそうでした笑。写真は会場の後方から撮影していますが、見ておわかりのように全体の巨大さを堪能するには後ろからの方がベターです。どちらを選ぶかは最終的にはお好みで!

会場内は撮影OK。映像作品のためフォトタイムの時に撮影する形となります。映えも考慮されて企画されているため、基本的にスマホでもデジカメでもいい感じのコントラストと輝度で美しく撮れますが、広角と望遠があればなおよしというところでしょうか。

展覧会みどころ: 『巨大映像で迫る五大絵師』

20億画素の超高精細デジタルリマスターが明らかにする、浮世絵の真実

アルステクネが開発した独自のDTIP(超高品位3次元質感記録処理技術)により、浮世絵を3Dデータとして組み上げ、超高精細なデジタルリマスター化を実現。葛飾北斎、歌川広重が表現した微細な凹凸などの技巧はもちろん、和紙の繊維一本一本(0.05mm程度)の質感までも立体的に復元されます。

編集部撮影

超高精細デジタル画像による「Digital北斎×広重」コーナーでは、「冨嶽三十六景」と「東海道五拾三次」からベストセレクション約60作品を大型モニター10数台で紹介。

編集部撮影

超細密データ画像の巨大映像化で描く圧巻の金世界

最新デジタル撮影技術と多分割データ画像処理技術によって、金屏風や金襖絵の金箔、切箔、金砂子、金泥などの素材や表現の緻密な違いまでも再現。俵屋宗達や尾形光琳、伊藤若冲たちが細密に描写し綴られている物語を鮮やかに蘇らせます。

編集部撮影

主な作品の紹介

以下のセクションの画像は事務局さまご提供の画像となります。

葛飾北斎「冨嶽三十六景神奈川沖浪裏」 所蔵:山梨県立博物館

山梨県立美術館所蔵の保存状態のよい作品を巨大映像で観賞できます。馬簾(ばれん)を使った線の動きや、絵の具を乗せていない和紙の部分の質感など、精緻なデジタルアートにより、構図以外にも見所が満載。

歌川広重「東海道五拾三次日本橋朝之景」 所蔵:大阪浮世絵美術館

俵屋宗達 国宝「風神雷神図屏風」 原本所蔵:大本山 建仁寺

尾形光琳「菊図屏風」(右隻) 収蔵:岡田美術館

長寿を表す菊の花が、胡粉(こふん)により立体的に表現されています。また、にじみを活かす水墨の技法「たらしこみ」なども巨大映像で堪能できます。見る人が菊の香りのする幽玄の世界入り込める展示となります。

伊藤若冲 重要文化財「仙人掌群鶏図」(部分) 所蔵:小曽根山 西福寺

伊藤若冲は庭に数十羽もの鶏を飼っていました。巨大映像では羽の硬さまでがたくみに表現されていることをも見ることができます。鶏は人間社会に見立てて描かれ、歌舞伎のように見栄をはっているようにも見えます。

開催概要 『巨大映像で迫る五大絵師』 −北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−

  • 展覧会名:『巨大映像で迫る五大絵師』 −北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−
  • 会期:2021年7月16日(金)〜 9月9日(木)
    • ※会期中の奇数日・偶数日で上映作品が変わるダブルプログラム
  • 開館時間:午前10時30分〜午後7時30分 ※入館は閉館の60分前まで
  • 会場:大手町三井ホール 東京都千代田区大手町1-2-1 OtemachiOne 3F
  • ※会場内で写真撮影可能

公式ウェブサイト

https://faaj.art/2021tokyo/

取材ご協力

  • 「巨大映像で迫る五大絵師」PR事務局さま
  • 記事中の写真はプレス向け内覧会にて編集部撮影、作品画像については事務局さまご提供の画像を使用していいます。

関連記事

《会場レポート》 聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 (東京国立博物館 平成館)

東京国立博物館 平成館で開催の聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺 の会場を画像とともにレポート。見どころ紹介と合わせてどうぞ!
momomoserver.com
https://momomoserver.com/horyuji2021-report/