閲覧注意展覧会!『 キモい展』がソラマチに登場!(東京スカイツリー)

2020年12月7日

投稿:M3PRESS編集部

スポンサーリンク

シリーズ累計入場者数45万人を突破した『キモい展』 東京ソラマチスペース634で2021年1月6日(水)から開催!

メインビジュアル

 世界中の気持ち悪いと感じられる生き物を集めた展覧会、その名もキモい展』が2021年1月6日(水)から2月14日(日)の期間、東京ソラマチスペース634で開催されます。同展はこれまで東名阪他各地で開催する度に大きな話題を呼び、累計来場者数45万人を突破しています。

  • リソース キモい展実行委員会プレスリリース

展覧会みどころ

 子どもやカップルなどさまざまな世代に支持され、来場者からは「珍しい生き物が見られて良かった」、「知らなかった生態の勉強になった」など、多くの反響を呼んでいる同展。様々な環境に順応しながら進化してきた個性的な生き物たちとの出会いは、見た人すべての知的好奇心を刺激します。

エメラルドツリーボア
スキニーギニアピッグ


 会場では、世界中から集めた、これまで見たことのないような奇妙な姿をした生き物や普段の生活の中では出会いたくないような姿をした生き物にスポットをあてて紹介・展示します。どの生き物もそれぞれが生息する環境の中でお互いに影響を及ぼし合いながら役割を果たして生きています。私たちが、「気持ち悪い」と感じる姿形や色、生態は、生き物たちが生きていくための創意と工夫が詰まった、とっておきのフォルムであり、他には変えられない生き方なのです。そんな貴重な生き物たちを「気持ち悪い」から一歩踏み込んでじっくりと観察することができる機会となります。

世界三大奇蟲が登場!

 虫たちの中でもさらに奇妙な姿をした「世界三大奇蟲」が登場。不思議な変わった姿にも生き抜くための術が詰まっています。

ヒヨケムシ

 イモムシとクモとサソリを足した特殊な姿が印象的な生物。

ウデムシ

 非常に不気味な形で、一見地球の生物とは思えない姿だが、実はクモやサソリの仲間。

ビネガロン

 北アフリカに分布するサソリモドキの仲間。興奮すると、尻尾のあたりから酢酸を出して、酸っぱい臭いと強い刺激で敵を撃退する。

スポンサーリンク

『キモい展』開催概要

  • 会期: 2021年1月6日(水)~2月14日(日)
  • 時間: 10:00~20:00 ※入場は閉場の30分前まで、最終日は18時閉場
  • 会場: 東京ソラマチスペース634 (東京都墨田区押上1丁目1-2) とうきょうスカイツリー駅 正面口より すぐ 押上駅 地下3FB3出口・A2出口よりすぐ
  • 主催: キモい展実行委員会
  • 制作協力:周南市徳山動物園
  • 協力: TAKEO

入場料

  • 前売券 大人(中学生以上)900円 小学生まで600円
  • 当日券 大人(中学生以上)900円 小学生まで700円
  • ※3歳以下入場無料 ※前売りは12月1日(火)から発売

公式サイト

http://kimoiten.jp/