6月1日より再開 古代エジプト展 Bunkamura ザ・ミュージアム《会場レポート》

2021年6月1日
博物館

Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷)にて展覧会「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展 美しき棺のメッセージ」。東京都の要請により2021年4月25日(日)より臨時休館していましたが6月1日(火)より再開されました。

再開に際しては、感染症対策の強化のため、入館方法等を変更し、全日程においてオンラインによる日時予約制を導入することになりました。また当初予定していた休館日(6月8日(火))をなくし、全日程開館時間が10時~20時(入場は19時半まで)となりました。(開館時間等は変更の可能性があります)

| M3PRESS
展示室入り口 編集部撮影

本展は、エジプトの遺跡にまつわる歴史的な発見と、現地での発掘調査やCTスキャンなど最新のさまざまな研究を通して、古代エジプト文化の新たな知見を紹介する展覧会。200年以上にわたり収集されてきたライデン国立古代博物館のコレクションから、10数点の棺や5体の人のミイラ、動物のミイラなどが出品されます。

編集部では、開幕に先だって開催された報道内覧会を取材しました。

| M3PRESS
ギャラリートークでの中野智章・中部大学教授 編集部撮影
blank
展覧会オフィシャルナビゲーターの西島秀俊さん ©Yuya Furukawa
この写真のみ株式会社東急文化村さまプレスリリースより

「12点の棺の立体展示は圧巻で、ミステリアスな雰囲気を存分に感じることができます」「宝飾品や副葬品のひとつひとつに意味があって、それをていねいに説明しているので、古代エジプトに詳しくなくても楽しんでいただけると思います。今は海外に行くことも難しいので、ここ渋谷で非日常を味わっていただけたら」と、展覧会オフィシャルナビゲーターの西島秀俊さん。

会場レポート:「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展 美しき棺のメッセージ」

オランダのライデン博物館は世界で最も古い国立博物館のひとつ。展覧会は第1章「エジプトを探検する」、第2章「エジプトを発見する」、第3章「エジプトを解読する」、第4章「エジプトをスキャンする」の4章構成で、ヨーロッパ5大エジプト・コレクションに数えられる同館の約2万5千点にのぼる所蔵品の中から厳選した約200点以上が紹介されています。

blank
ギャラリートークでの中野智章・中部大学教授 編集部撮影

また、CTスキャンなど最新の科学技術を通して、医学的な知識やミイラづくりの過程、色やかたちに対する人々の美意識についてなど、従来のエジプト展にない”一歩踏み込んだ形の”展覧会となっている点も特長で、発掘調査の様子を貴重な映像や写真、図面などを用いて紹介するほか、本展出品のミイラを最新のCTスキャン技術で調査、その成果を世界初公開するなど、通常のエジプト展では触れられることのない、エジプト考古学の「いま」を知ることのできる展覧会です。

blank
展示風景 編集部撮影

国内初 時代順に並べられた木棺は立てた状態で展示

特に注目すべきは、人の形をした棺10数点の立てた状態での展示。この立体的展示は国内では初の試みで、ライデン国立古代博物館の常設展を彷彿とさせます。時代順に並べられたこれらの棺は、内側の図像や象形文字を至近距離で見ることができるほか、時代ごとの色の変遷なども見比べることができます。

blank
会場展示風景 編集部撮影

棺の装飾の黄色のものは太陽、黒はオシリス神、黄土色はパピルス、そして白はミイラに巻いていた包帯を表し、図像や呪文のなど効果を高めるためのものであったということです。

最新の研究成果の発表も

blank
会場展示風景 編集部撮影

ライデン国立古代博物館・初代館長のキャスパー・ルーヴェンス氏は、将来的な技術の進歩を見越してミイラを解剖せずに保管していました。そのおかげで、同館には多数のミイラが無傷の状態で保管されています。そして、もともとは医療機器として発達したCTスキャン(コンピューター断層撮影)により、ミイラの包帯をほどくことなく、そのままの状態でさまざまな情報を得ることが可能となりました。本展では、最新の機器により人のミイラ3体、動物のミイラ1体を撮影し、その解析結果を世界初公開しています。

ミュージアムショップ

非常に豪華に公式図録(A4変形・212ページ、2,400円税込)をはじめ、「リラックマ」や「すみっコぐらし」コラボグッズなど硬軟おりまぜてここだけでもかなり楽しめます!

開催概要:「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展 美しき棺のメッセージ」

同展は4月25日(日)から臨時休館しておりましたが、6月1日(火)より再開となりました。再開に際し、オンラインによる日時予約制が導入されました。また当初予定していた休館日(6月8日(火))をなくし、全日程開館時間は10時~20時(入場は19時半まで)となります。(開館時間等は変更の可能性があります

  • 展覧会名:ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展 美しき棺のメッセージ
  • 会期:〜2021年06月27日(日)
  • 会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
  • 時間:10:00〜20:00(最終入館時間 19:30)
  • ※金・土の夜間開館につきましては予定のため、変更になる可能性もございます。
  • 入館料:一般 1,800円、大学・高校生 1,100円、中学・小学生 800円
  • 問い合わせ:050-5541-8600 (ハローダイヤル)

展覧会の公式サイト

blank

ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展 | Bunkamura

「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展」の特集ページ
www.bunkamura.co.jp
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_leidenegypt/

関連記事

国立科学博物館でも10月にミイラ展が開催されます。こちらは大英博物館のもの。

blank

《2021》特別展「大英博物館 ミイラ展 ―古代エジプト6つの物語―」国立科学博物館で2021年10月14日より開催決定

科博の年末は「ミイラ展」!「大地のハンター展」が開催中の国立科学博物館、この後2021年7月10日からは特別展「植物」が控えていますが、既にさらのその後の秋冬の特別展のチラシが配布されています。これは特別展「大英博物館 ミイラ展」で、会期は2021年10月14日(木)から2022年1月12日(水)までということです。
momomoserver.com
https://momomoserver.com/daiei-miira-exhibit/