[会期終了]「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」会場レポ

2019年4月9日

投稿:M3PRESS編集部

左よりムーミン美術館 ヴィルビ・ニッカリさん、ムーミン、
ムーミン美術館館長 タイナ・ムッリィハルエさん
プレス内覧会にて編集部撮影

スポンサーリンク

「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」

愛らしい姿とユーモアあふれる言葉で世界中のファンを魅了するムーミンとそのなかまたち。フィンランドを代表する芸術家、トーべ・ヤンソン(1914年~2001年)が生みだした「ムーミン」シリーズは、小説、絵本、新聞連載コミック、アニメ、商品などさまざまなかたちで親しまれています。本展は、その多彩なアートと奥深い物語の魅力を、約500点のムーミンの展示品で体感できる展覧会です。

  • 『ムーミン展 THE ART AND THE STORY』
  • 2019年4月9日(火)~6月16日(日)
  • 森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)

※記事末尾に展覧会概要について記載しています。

報道内覧会より会場取材レポート

ⒸMoomin Characters™

森アーツセンターギャラリーは六本木ヒルズ森タワーの52階にあり、エレベーターで上階に上がります。

blank
プレス内覧会にて編集部撮影

会場を入ると、大きなパネルがお出迎え。

blank
プレス内覧会にて編集部撮影

世界唯一ムーミンの美術館 である、「ムーミン美術館」( フィンランド・タンペレ市)より、よりすぐりの作品約500点が展示。ムーミン小説の原画やスケッチのほか、トーベが他の雑誌のために描いた挿絵、1950年代に描いた絵画なども鑑賞できます。

もともとムーミンは黒だった?

トーベが15歳の時にトイレの壁に描いたキャラクターがムーミンの原点にあたるものということで、最初期は黒い色で目が赤というちょっと今私達がイメージするムーミンとは違うものだったということです。

1945年に「小さなトロールと大きな洪水」として最初のムーミンの物語が発表されますが、初期のムーミンは、目や鼻は細く、耳も尖っていました。その後、体が丸く描かれるようになります。展覧会ではそれらの変遷もたどることができます。

展示会場は前半が図録と同じ色の青一色で、ムーミン小説の中盤の「本の世界を飛び出したムーミン」から会場の壁面に黄色が使われ雰囲気が変わります。

すべてプレス内覧会にて編集部撮影

会場内特設ショップの充実が感動的!

展展覧会図録(2,200円(税別)は、B6変型。展覧会の図録というよりオシャレな洋書のような装丁で、326ページもあります。また、Tシャツ、トートバッグ、マグカップなど展覧会限定グッズが非常に多数販売されており、このショップだけでも感動ものです。

すべてプレス内覧会にて編集部撮影

近寄ってよく見たい展覧会

プレス内覧会の時点で非常に多くの報道陣が詰めかけており、展覧会への期待の高さがうかがわれました 。動線が工夫されているので混雑時も快適に観覧できるとは思いますが、原画のサイズはそれほど大きくありません。近寄ってよく見たいタイプの展覧会なので、ある程度の所要時間を見ておいた方が良いかと思います。

会場内は撮影はできませんが、出口にフォトスポットがあります。

blank
展示会場出口のフォトスポット
プレス内覧会にて編集部撮影
スポンサーリンク

会場と同フロアの「Cafe THE SUN」ではコラボメニューが登場

blank
プレス内覧会にて編集部撮影

ニョロニョロパエリア(手前中央、1,720円)、スナフキンバーガー(画面中央、1,58円0)など、ここでしか味わえない限定メニューが展覧会開催期間に登場。日毎の数量限定ということなのでお早めに。

次のページより、展覧会のみどころをまとめています。

blank
プレス内覧会にて編集部撮影

「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」 の見どころ

世界でただひとつの「ムーミン美術館」からやってくる!

blank
2018年12月のメディア発表会にて編集部撮影

2017年にリニューアルした、フィンランド・タンペレ市にある「ムーミン美術館」は、世界唯一無二のムーミンの美術館として約2000点もの作品を所蔵しています。本展では、同美術館からムーミン小説の原画やスケッチのほか、トーベがムーミン小説を手がける前に、描いていたスウェーデン語系の政治風刺雑誌「GARM」の挿絵など、よりすぐりの作品約500点が展示されます。

ムーミンの小説、絵本から代表的なシーンを原画で紹介

  • [左]トーベ・ヤンソン≪「ムーミン谷の彗星」挿絵≫1946年 インク・紙 ムーミン美術館
  • [右]トーベ・ヤンソン≪「ムーミン谷の夏まつり」挿絵≫1954年 インク・紙 ムーミン美術館

ムーミンの小説は「小さなトロールと大きな洪水」「ムーミン谷の彗星」「たのしいムーミン一家」「ムーミンパパの思い出」「ムーミン谷の夏まつり」「ムーミン谷の冬」「ムーミン谷の仲間たち」「ムーミンパパ海へ行く」「ムーミン谷の十一月」の9つが出版されています。本展では9つすべての小説からの代表的なシーンの数々や絵本「ムーミン谷へのふしぎな旅」の原画が紹介されます。

ムーミンキャラクターズ社所蔵の貴重なコレクションも展示

  • [左]トーベ・ヤンソン≪スナフキン≫制作年不詳 インク・紙 ムーミンキャラクターズ社
  • [中]トーベ・ヤンソン≪イースターカード原画≫1940年頃 グワッシュ・インク・紙 ムーミンキャラクターズ社
  • [右]トーベ・ヤンソン≪「フォーレニングス銀行」広告≫1956年 印刷 ムーミンキャラクターズ社

イースターカード、アドベントカレンダーの原画、銀行の広告なども!トーベ・ヤンソンが最後まで手元に残しておいた作品を含むムーミンキャラクターズ社保有の貴重なコレクションも並び、小説や絵本では見たことがないムーミンとそのなかまたちの多彩な表情にも出会うことができます。

日本とフィンランドの記念のコーナーも。

blank
2018年12月のメディア発表会にて編集部撮影

トーベは来日も果たしています。トーベと日本の交流にも光を当て、トーベが愛した日本を写真資料やスケッチで紹介するほか、浮世絵とムーミンを並べて展示します。

なお、浮世絵については保存上の理由から、会期・会場によっては復刻版浮世絵を展示する場合もあるとのことです。

音声ガイドナビゲーターに声優・櫻井孝宏さんが決定!音楽家・コトリンゴさんが会場の音楽を担当

音声ガイドのナビゲーターを声優・櫻井孝宏さん、会場の音楽をアーティスト・コトリンゴさんが担当します。櫻井さんは「ムーミンバレーパーク」のライブエンターテインメントショー「エンマの劇場」でスナフキン役も担当されています。

櫻井さんメッセージ

音声ガイドとして皆さんのムーミン体験をお手伝いさせたいだたくことになりました。いろいろな所でデザイン化されているムーミンを見ます。日本人にとって身近な存在ですが、お話の中身を知ってる人は案外少ないんじゃないでしょうか。哲学的でアンニュイでちょっとブラックなトーベ・ヤンソンの世界。この展覧会が作品に触れていただく良い機会になると思います。たくさんのご来場、お待ちしております。
(櫻井孝宏さん)

櫻井孝宏(さくらい・たかひろ) プロフィール

6月13日生まれ、愛知県出身。

主な出演作

  • 『コードギアス 反逆のルルーシュ』(枢木スザク役)
  • 『ダイヤのA』(御幸一也役)
  • 『おそ松さん』(松野おそ松役)
  • 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』(岸辺露伴役)
  • 『おしりたんてい』(かいとうU役)
  • 『鬼滅の刃』(冨岡義勇役)

コトリンゴさんメッセージ

ムーミンはとても親しみがあり、ミムラねえさん、おしゃまさんといったふんわりしたキャラクターや、ムーミンママの動じないところも好きです。そして、この展覧会の会場演出や図録、広報など全般のアートディレクションをされている大島依提亜さんの作品も好きでしたので、とても楽しくつくることができました。ムーミンシリーズから感じ取った、森の中の薄暗さ、不思議さ、孤独さなど、少しダークなイメージの音楽をムーミン谷にいる気分で制作しています。ぜひ、ムーミン谷=トーベの頭の中の森に迷い込む気分になってもらえるとうれしいです。 (コトリンゴさん)

コトリンゴ(kotringo) プロフィール

音楽家。ボストン・ バークリー音楽大学に留学し、学位を取得後、ニューヨークにて演奏活動を開始。坂本龍一に見い出され、日本デビューを飾る。現在までに10枚のソロアルバムを発表。劇場アニメーション映画「この世界の片隅に」のサウンド・トラックを手がけ、日本アカデミー賞優秀音楽賞、毎日映画コンクール音楽賞を受賞。クリエイターからの評価も高く、映画、TVアニメーション、CM音楽などを多数、手がけている。卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くアーティストとして、注目を浴びている。
kotringo.net/

関連記事

東京展 開催概要

項目内容
展覧会名『ムーミン展 THE ART AND THE STORY』
会期2019年4月9日(火)~6月16日(日)、会期中無休
会場森アーツセンターギャラリー
(六本木ヒルズ森タワー52階)
開館時間10:00-20:00(火曜は17:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
主催朝日新聞社、森アーツセンター
後援フィンランド大使館
協賛NISSHA株式会社
協力ライツ・アンド・プランズ、S2、フィンエアー、フィンエアーカーゴ
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル、8:00~22:00)

チケット

  • 本展公式サイトもご確認下さい。
チケット料金(税込)当日団体
一般1,800円1,600円
中学生・高校生1,400円1,200円
4歳~小学生800円600円
  • 3歳以下入場無料
  • 団体料金は15名以上で適用
  • 障がい者手帳をお持ちの方と介助者(1名まで)は、当日観覧料の半額

公式サイト

amazon