秋の花々や黄金色の稲穂 お台場「チームラボボーダレス」で秋限定の作品が登場

増殖する無量の生命 9月の花: ひおうぎ

 お台場パレットタウンの《地図のないミュージアム》森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス(以下、チームラボボーダレス)に、今の季節限定の、秋の景色が登場しています。境界なくつながっていく世界は1年を通して移ろい、季節とともに変化した秋の作品を体験することができます。さらに「呼応するランプの森」では、10月から秋の色でランプが輝く「山の紅葉- ワンストローク、山の紅葉」が登場します。

  • リソース:チームラボさま

季節とともに変化する作品

増殖する無量の生命 / Proliferating Immense Life – A Whole Year per Year
teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

増殖する無量の生命 10月の花: 彼岸花

 作品は、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けており、今この瞬間の絵は2度と見ることができません。現実世界と同じ時間の流れの中で、1年を通して、咲いていく花々が移り変わって行きます。秋限定の作品では9月には「ひおうぎ」、10月は「彼岸花」がその花を咲かせます。

 また、会場内のティーハウス「EN TEA HOUSE 幻花亭」はお茶をテーマにした作品空間で、お茶に季節の花々が咲き続ける無限の世界をそのまま飲むことができます。9月は紅花、ナデシコ、エゾギク、10月はコスモス、キンモクセイ、菊など、秋の花々が登場するとのこと。

地形の記憶 / Memory of Topography
teamLab, 2018, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

 分け入ることのできる高低差のある空間に、悠久な里山の景色が描かれており、こちらも現実の時間の流れと共に、作品世界が移ろって行きます。

呼応するランプの森 – ワンストローク、山の紅葉 / Forest of Resonating Lamps – One Stroke, Autumn Mountain
teamLab, 2016, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

 人がランプの近くで立ち止まり、じっとしていると、最も近いランプが強く輝き音色を響かせ、その光は、最も近い2つのランプに伝播し連続していきます。10月からは、秋の色で輝く「呼応するランプの森 – ワンストローク、山の紅葉」が登場します。



美術館概要

  • 名称: 森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless)
  • 場所: 東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン
  • 料金: 大人(高校生以上)3,200円、障がい者割引 1,600円、子ども(4歳~中学生)1,000円  ※障がい者割引の対象は、障がい者手帳をお持ちの方ご本人様と同伴者1名まで。
  • 開館時間: 平日 11:00 – 17:00、 土・日・祝 10:00 – 18:00 ※最終入館は閉館の 1 時間前 ※開館時間はシーズンによって異なるため、ウェブサイトをご参照ください ※現在新型コロナウイルス対策により入館チケットは日時指定予約制となります
  • 休館日: 9 月 15 日、29 日 ・ 10 月 6 日、13 日、20 日、27 日
  • ※9 月 22 日は開館日

公式サイト



関連記事

 こちらは豊洲にある《水に入るミュージアム》 チームラボプラネッツ TOKYO DMMの取材記事

Amazon