[ジアイレーサー] 次亜塩素水が自宅で作れる製品が発売

家庭の水道水と塩で次亜塩素水を生成

家庭の水道水と塩で次亜塩素水を生成できる商品「ジアイレーサー」が2020年5月1日に新発売となります。

 販売元の有限会社サプライズ(大阪府堺市)は医療機器の製造から電気製品・美容商品の企画開発を行っている企業。流行している新型コロナウイルスの早期終息を祈願し独自の企画力を生かせないかと考え早急に商品化したとのことです。



バッテリーを内蔵し持ち運びOK

 同商品は、水道水200mlと塩1.5gを入れると約3分で次亜塩素酸水を生成。バッテリーを内蔵し持ち運びが可能で、そのままミスト型スプレーとしてウイルス対策に利用できるということです。5月1日発売開始後はインターネットでの先行販売のみとなりますが、今後は量販店などへの販路拡大、OEM提供も視野に入れているということです。
 商品の詳細は販売サイト等をご確認ください。



Amazon

その他の写真