「江戸の園芸熱ー浮世絵に見る庶民の草花愛ー」たばこと塩の博物館で1月31日(木)より

2019年1月16日

投稿:M3PRESS編集部

百種接分菊 歌川国芳 個人蔵
[前期(1/31~2/17)展示]
*後期にも別に所蔵される同じ作品を展示
スポンサーリンク

約200点の浮世絵を通して江戸時代の庶民の草花への愛を紹介

スカイツリー駅から歩いて約8分、たばこと塩の博物館では、2019年1月31日(木)から3月10日(日)まで、約200点の浮世絵を通して江戸時代の庶民の草花への愛を紹介する「江戸の園芸熱ー浮世絵に見る庶民の草花愛ー」展が開催されます。

江戸時代、花の名所は今よりも数多くあり、花の名所を訪れることは、人々にとって何よりの娯楽でした。当館が所在する地域(現・墨田区)には、現在まで残っているものも含め、墨堤、小村井の梅屋敷など、近隣の亀戸には亀戸天神、梅屋敷といった数多くの花名所があり、江戸の人々に親しまれ、浮世絵の格好の画題にもなっていました。

また、18世紀半ばに植木鉢が普及すると、草花は人々にとってより身近なものとなりました。鉢植を飾って楽しむ人々や、花弁などを変化させた朝顔や菊細工といった多様な園芸の流行が、浮世絵に描かれるようになりました。

本展は、「花見から鉢植へ(プロローグ)」「身の回りの園芸」「見に行く花々」「役者と園芸」の4つのコーナーで構成し、江戸の人々の草花への愛、そして「園芸熱」を、前・後期合わせて約200点の浮世絵を通してご紹介します。

本展は会期が前後期に分かれており、大幅な展示替えが行われるそうです!

作品紹介

スポンサーリンク

開催概要

項目内容
名称「江戸の園芸熱ー浮世絵に見る庶民の草花愛ー」
会期2019年1月31日(木)~3月10日(日)
前期:1月31日(木)~2月17日(日)
後期:2月19日(火)~3月10日(日)
開館時間午前10時~午後6時
(入館は午後5時30分まで)
休館日月曜日(ただし、2/11は開館)、2/12(火)
主催たばこと塩の博物館
会場たばこと塩の博物館 2階特別展示室
所在地東京都墨田区横川 1-16-3
(とうきょうスカイツリー駅から徒歩8分)
電話03-3622-8801
FAX03-3622-8807
URLhttps://www.jti.co.jp/Culture/museum/

入館料

  • 大人・大学生:100円(50円)
  • 満65歳以上の方(要証明書):50円(20円)
  • 小・中・高校生:50円(20円)
  • ※( )内は20名以上の団体料金