スカイツリー周辺の隠れ名所「たばこと塩の博物館」の常設展がイイ!( ´∀`)

2017年11月16日

投稿:M3PRESS編集部

たばこと塩の博物館の外観
たばこと塩の博物館の外観
スポンサーリンク

スカイツリー周辺の隠れ名所・「たばこと塩の博物館」の常設展がイイ!( ´∀`)

こんにちは、墨田区のたばこと塩の博物館の常設展に先日行ってきまして、常設展示がとても良かったので、展示の様子、混雑状況などなどご紹介します。同時に特別展も観てきましので、そちらも別エントリーにてアップしています。よろしければ併せてご覧くださいませ!

たばこと塩の博物館

  • 〒130-0003 東京都墨田区横川 1-16-3
  • 開館時間 午前10時~午後6時(入館締切は午後5時30分)
  • 休館日 月曜日(月曜日が祝日、振替休日の場合は直後の平日)、年末年始(12月29日~1月3日)
スポンサーリンク

関連記事

特別展の様子

和モダンの世界 近代の輸出工芸@たばこと塩の博物館に行ってきた – M3PRESS

和モダンの世界 近代の輸出工芸@たばこと塩の博物館に行ってきた こんにちは、ちょ…
momomoserver.com

実際に足を運んで本所吾妻橋駅から写真を撮りながらアクセスしました。

[写真つきアクセス] たばこと塩の博物館への行き方 – M3PRESS

たばこと塩の博物館へのアクセスです。現在は渋谷ではありませんのでご注意。実際に本…
momomoserver.com

混雑具合と客層

ソラマチの混雑ぶりとは全く無関係です。取材に行ったのが講演会が終わった直後くらいのタイミング(16時くらい)だったこともあり、館内は非常に空いていました。(よって、客層についてはコメントできません)団体客がどのくらい来るのかがわかりませんが、穴場だと思います!

コインロッカーについて

一階のロビーに入って左側にあります。100円硬貨が必要ですが、戻ってくる方式で無料で利用出来ます。
上着等を先に入れてしまうと身軽に鑑賞できるので、おすすめです。

美術館や博物館を楽しむコツという趣旨の記事を書いていますので、よかったらこちらもどうぞ、。

写真撮影について

常設展エリアについては写真撮影OKですが、特別展はNGということです。フラッシュは当然ながら禁止です。撮影する際は周りのお客さんの迷惑にならないように注意しましょう。

外観

たばこと塩の博物館の外観
たばこと塩の博物館の外観
渋谷時代からのモニュメント。原型はスウェーデンんおタバコ屋さんの看板(!)
ロビーにある、「浦島太郎」をイメージした彫刻を施された岩塩。すごい大きさ!

ミュージアムショップ

図録目録の他、オリジナル商品等が販売されています。タバコの博物館なのに「No Smokeペンシル」(ごめんなさい記憶が曖昧です、今度行った時に確認します)とか洒落てましたw。他に世界の岩塩が小袋で雑貨屋さん感覚で販売されていて、ちょっとしたお土産に「気が利いてる感」高い、いい感じのショップでした。

次のページより、常設展「塩」編

常設展「塩」編

二階のフロアには特別展用の部屋と、この常設の「塩の世界」展の部屋があります。

映像資料がふんだんに設置されています。

ウユニ湖のパノラマ。ウユニ湖の塩も展示されています。
岩塩彫刻「聖キンガ像」。全部塩なんです!

1.4トンもの巨大な岩塩。ポーランドのものです。

実際に触れる岩塩も。ツルツルでした。
日本の塩作りのジオラマです。

塩田での塩作りについて、模型とジオラマ、音声で詳しい解説がありました。

現代の塩を作る工場。電気的に生成しますが、大量の海水が必要という点では同じです。

続いて上のフロア「たばこの歴史と文化」の常設展です。

常設展「タバコ」編

たばこはアメリカ大陸が発祥で、古代のものは嗜好品ではなく、神様と煙によって繋がる聖なるアイテムでした。入り口すぐの神殿のレプリカでは、世界最古の喫煙シーン「たばこを吸う神」のレリーフを鑑賞できます。個人的にはこれが一押し。

「たばこを吸う神」の神殿

たばこを吸う神のレリーフ

世界中に普及、喫煙具コレクションの展示

たばこの花

世界中の喫煙具が展示されています。

[kpAdBIG]

大航海の時代を経て世界中に。
アメリカ発祥でヨーロッパからアフリカ、中近東、もちろん日本にも普及するのですが、どこに国もだいたい同じ感じの用具なのがなんとも興味深いです。

ここから日本編

江戸時代のたばこ屋の実物大模型。旦那さんがたばこを刻み、奥さんが巻いています。

たばこの道具を売る店の実物大模型
当時の世相を表す新聞なのですが、何気に絵師が月岡芳年なんですよね!
やがてたばこの生産も機械化されて行きます。

昭和のたばこ屋の実物大模型。ってこれは子供頃は近所にあったんですが博物館に展示されるようになるなんてw

店の中からの写真です。
模型の店内にはちゃんと当時のテレビが放送されていました。
たばこの広告、パッケージなのでデザインの変遷を見ることができます。

たばこと塩の博物館

  • 〒130-0003 東京都墨田区横川 1-16-3
  • 開館時間 午前10時~午後6時(入館締切は午後5時30分)
  • 休館日 月曜日(月曜日が祝日、振替休日の場合は直後の平日)、年末年始(12月29日~1月3日)
スポンサーリンク

関連記事

たばしおへの写真付きの詳しい行き方、特別展示の様子などを別記事としてアップしています。こちらもぜひどうぞ。

和モダンの世界 近代の輸出工芸@たばこと塩の博物館に行ってきた – M3PRESS

和モダンの世界 近代の輸出工芸@たばこと塩の博物館に行ってきた こんにちは、ちょ…
momomoserver.com

読んでいただいてありがとうございました。
ハッピーな1日を!