東京国立博物館の歴史まとめ 2022年秋には全国宝が一挙公開される特別展も開催

2022年に創立150周年記念を迎える、東京国立博物館。1872年(明治5年)、「文部省博物館」として発足した同館の所蔵品は12万件を超えます。この記事では同館の150年にわたる歴史とともに、2022年10月より開催される特別展”東京国立博物館創立150年記念 特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」”についても紹介し…

特別展「最澄と天台宗のすべて」東京国立博物館 会場のようす

東京国立博物館にて特別展「最澄と天台宗のすべて」が2021年10月12日(火)に開幕しました。 本展は、伝教大師最澄(でんぎょうだいしさいちょう)の1200年の大遠忌(だいおんき)を記念した特別展。全国に展開した日本天台宗の各地域における特色を紹介するとともに、日本天台宗の歴史を通覧。秘仏本尊を含むきわめて貴重な宝物…

《速報》 特別展「琉球」2022年5月より東京国立博物館にて開催

特別展「植物 地球を支える仲間たち」が2021年7月10日に開幕したばかりの国立科学博物館(上野公園)ですが、すでに来年春開催の特別展のチラシ配布が開始されていました。この展覧会のタイトルは《特別展「宝石」》。「地球がうみだすキセキ」というサブタ…

特別展「最澄と天台宗のすべて」東京・九州・京都各会場のみどころを紹介 東京国立博物館は2021年10月12日(火)より

2021年10月より順次開催される、伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」の各会場ごとの特色とあわせて、そのみどころを紹介する記事。東京国立博物館 平成館、九州国立博物館、京都国立博物館の順で開催される同展の主な展示予定作品や東京会場の関連展示まで網羅。できれば三会場とも見て欲しい展覧会。

《展覧会みどころ》龍、麒麟、ガネーシャも!『博物館でアジアの旅 空想動物園』(東京国立博物館 東洋館)

東京国立博物館の秋の恒例企画、「博物館でアジアの旅」が2021年9月14日(火)より開催されます。東洋の美術・工芸・考古遺物が集う「東洋館」を舞台に、毎年異なるテーマを掲げ、それにちなんだ名品を館内随所に展示する同企画、8回目となる今回のテーマは「空想動物園」です。

《会場レポ》博物館で旅するイスラームの世界「イスラーム王朝とムスリムの世界」見所紹介(東京国立博物館 東洋館)

特別企画「イスラーム王朝とムスリムの世界」(東京国立博物館 東洋館にて)を取材。マレーシア・イスラーム美術館から精選した美術工芸品・歴史資料を展示する特別企画は2022年2月20日(日)までの開催。全15章にわたるバラエティあふれる構成で、イスラームの世界へ時空を越えた旅を楽しめます。

遊びながら美術に親しむ体験展示「日本美術のとびら」東京国立博物館の新体験展示室を取材

東京国立博物館 本館に、体験展示「日本美術のとびら」が2021年6月22日(火)に新オープンしました。同展示は「日本美術にはじめて触れる方が、トーハクを訪れたとき、最初に体験していただきたい展示室」というコンセプト。幅14mもの巨大スクリーンに映し出されるデジタル年表や、来…

《会場レポと見所紹介》特別展「国宝 聖林寺十一面観音 ―三輪山信仰のみほとけ」東京国立博物館

東京国立博物館(上野公園)にて、特別展「国宝 聖林寺十一面観音 ―三輪山信仰のみほとけ」が、6月22日に開幕しました。会期は2021年9月12日(日)までとなります。編集部では前日に開催された報道内覧会を取材、展覧会会場のようすとともに、本展の見どころを紹介します。

東京2020オリンピック・パラリンピック開催記念 特別企画 「スポーツ NIPPON」 東京国立博物館 平成館企画展示室

東京国立博物館 平成館企画展示室にて、東京2020オリンピック・パラリンピック開催記念 特別企画「スポーツ NIPPON」が2021年7月13日(火)より開催されます。本展では、東京2020オリンピック・パラリンピックの開催を記念して、日本におけるスポーツの歴史と文化を紹介するもの。東京国立博物館と秩父宮記念スポーツ…

動く歩道で「鳥獣戯画」を体験!特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」会場レポート@東京国立博物館 平成館 開催は6月20日まで

東京国立博物館にて、2021/4/13(火)より開催中の特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」の会場をいち早く取材。国宝 鳥獣戯画4巻が会期を通じ、場面替えなしで全場面を展示。史上初の試みの動く歩道による観覧方式も体験してきました。多数の会場写真、広報事務局さまご提供の作品画像とともに会場の雰囲気をお伝えします。